役所任せでなく、
市民とともに立つ議会へ

私たちの想いを政治に反映させるには議会を機能させなくてはなりません

具体的な解決策があります(新しい公約)

~ まちをつくる ~
PDFはこちら

(1)子育て応援にも、団塊パワーを

子育て世代の悩みに答えを出します。子育てベテランのお母さんの力を保育士の応援に。団塊パワーの豊富な経験と知識を「土曜学校」に。「子育て応援券」も活用し、地域の「つながり」で子育てをサポートしましょう。

保育士補助・保育ママ/子育て応援券/コミュニティスクール/土曜学校/確かな学力/ひとり親支援


(2)第二の人生を、心おだやかに

老後の不安は、老後の資金と病気や介護。希望すればいつまでも働いて地域に役立てる環境を。「在宅医療・介護」のマネジメント力を高め、医療と介護の最高のチームをつくる。さらに空家も活用し、高齢者向けの住宅や施設を充実する環境をつくります。

団塊パワー地域雇用/在宅チームマネジメント/地域包括ケア/ケア付き住宅/福祉バウチャー/空家の有効活用



(3)エネルギーの地産地消で、エコ&エコ

脱原発を唱えるだけでは原子力村には届かない。地域でエネルギーの地産地消を実現し、脱原発の状況を作り出していく。それは環境(エコロジー)に優しいばかりでなく、地域でお金が循環するので地域経済(エコノミー)も元気にします。


地域PPS(新電力)/木材バイオ/太陽光と蓄電池セット/ごみ発電と地域暖房/ごみ手数料適正化


(4)つながりで課題解決、経済も元気に

(1)~(3)は行政だけでは解決しない。株価は上がっても地域経済は安定しない。地域、NPO、企業、大学、女性や高齢者など、「民の力」を「つなげて」課題を解決すれば(コミュニティデザイン)、地域にお金も循環し経済も元気になります。

地域バウチャー/地域防災訓練/社会的企業支援/南武線を羽田へ直結/観光・貿易立市


(5)議論の見える議会を

(1)~(3)は役所の前例主義では手に負えません。枠を破るのは議会の仕事。そのためにはちゃんと議論し、条例も作る。「役所にお任せ」議会ではいけません。子供に見せても恥ずかしくない「議論の見える議会」をつくります。

小中学生の議会見学/予算委の議事録/条例の議会提案/通年議会/市政調査費のネット公開


(6)成果の見える行政を

何のためにその事業を行うのか、目的を意識させ、成果を測ります。そして企業レベルの会計を本格的に導入、情報公開を徹底し、「成果が見える行政」を実現します。市民活動を応援し、「つながり」をデザインする場をつくります。

市民活動支援/PDCAサイクル/事業仕分け/住民投票条例/企業会計の導入/感動五つ星市政